コンビニのレジ横のホットスナック(揚げもの)コーナー。アメリカンドッグ、コロッケ、春巻きなど、放課後にちょうどいいサイズがいろいろあります。から揚げなどのチキン系も充実。骨なしタイプに骨ありタイプ、一個ずつのバラ売りも。今回はチキン系ホットスナックから3つを厳選。同じチキンなのに、どれも異なる味わい。今すぐ寄って確かめたくなるよ!

 

■ 揚げ鶏(税込188円)

seven1

骨なしのフライドチキンタイプ。手のひら程度の大きさで、熱量は170kcal。2013年に「骨なしチキン」に変わって登場。以来、定番人気商品に。

 

<記者実食レポート>

「骨がなくてやわらかいのはほんと食べやすくてうれしい。そして肉汁がすごい! 皮のあたりからジュワーっと出てきます。衣が薄くてあっさりした味付けなので、ボリューミーだけど食べ飽きない。肉食べた! という満足感あるので、『とにかく肉を!』という肉食気分のときにおすすめです」

seven3 (6)

ジューシーさ:★★★
食べやすさ:★★☆
お得感:★★★
お腹満足感:★★★

 

 

■からあげ棒(竜田揚げ)(税込123円)

seven1 (2)

一口サイズの竜田揚げが串に4つ刺さったスタイル。単品のから揚げよりもやや小ぶり。熱量は185kcal。

<記者実食レポート>

「衣サクサクなのがいい! お肉はみっちり食べごたえのあるショウガ醤油味で、サクサクとした食感とよく合います。から揚げを串に刺そうって考えた人、すごいですよね! 太めの串でしっかりホールドされていて、食べている途中で落とす心配もないって、何気にポイント高いです!」

seven3 (3)

ジューシーさ:★★☆
食べやすさ:★★★
お得感:★★☆
お腹満足感:★★☆

 

■ 若鶏のからあげ※1個売(税込45円)

seven1(3)

一個から買える、バラ売りタイプのから揚げ。醤油ベースの家庭的な味付けで、定番のお惣菜的存在感。一個売りタイプは他に「若鶏の塩からあげ」も。

 

<記者実食レポート>

「ちょっとハラヘリなとき、1個からでも頼めるのがうれしい。ミシン目入りの耐油紙袋に入ってるから、そのままパクッ。醤油味でほどよいやわらかさ。1個でも『から揚げ食べたあ!』っていう満足感があります。これ、お弁当に入ってたりしてもうれしいですね」

seven2 (2)

ジューシーさ:★★☆
食べやすさ:★★☆
お得感:★★★
お腹満足感:★★☆

 

セブンの新・ホットスナック、こぼれ話

今回紹介した以外にも、チキン系ホットスナック、いろいろあります。中には地域限定のものも。北海道には、「ジューシーザンギ」(税込45円)と「ザンギ(塩味)」(税込47円)があるらしい。「ザンギ」は、北海道で使われているから揚げの別名。道内では、から揚げよりザンギのほうがイメージしやすいのかも? 名古屋などの中京・近畿方面より西側では、「骨付き揚げ鶏(ハーブ&スパイス)」(税込298円)があるみたい。なぜ西のほう限定? って思っちゃうけど、そういえば手羽先のから揚げって、名古屋の名物。関東の人にとっては、神奈川と埼玉の一部で発売されているという「丸から ※1個売」(税込60円)も気になるところ。どんな味か確かめに行きた~い!

 

取材協力:セブン-イレブン・ジャパン

(※価格はすべて2016年1月現在のものです。一部地域により商品(価格)が異なる場合があります)

<取材・文/齋藤純子>