高校生の頃から「音楽を仕事にすること」が夢だった

−いつ頃から音楽活動をされていたんですか?

まじ娘さん:両親の影響で、幼いころから音楽に触れてはいましたが、音楽活動というと高校生のときに組んだバンドからですかね。

−バンドを組んでいらっしゃったんですね! 活動されてみていかがでしたか?

まじ娘さん:ただただ楽しかったです! 同じことの繰り返しで過ぎていく高校生活に少しうんざりしていたのですが、音楽のおかげで毎日が充実しましたね。放課後になると、学校外の人たちと集まってバンド活動に明け暮れていました。まぁ、バンドではドラムをやっていたんですけどね(笑)。

−え、ボーカルじゃなかったんですか!?

まじ娘さん:その頃は、ドラマーでした(笑)。

−高校生バンドでドラムをやっていたとおっしゃっていましたが、ドラムを続けようとは思わなかったんでしょうか?

まじ娘さん:もともと、自ら進んで始めたわけではなかったし「趣味程度でいいや」と思ってた感じですね。

 

そこから「ニコ動」での活動を通し、歌の魅力に気付く

−そんなまじ娘さんが、ボーカリストになられたのはなぜだったんでしょうか?

まじ娘さん:『ニコ動』に投稿をし始めたことですかね。

−なるほど。『ニコニコ動画』への投稿はいつ頃から始められたんですか?

まじ娘さん:初めて「歌ってみた」動画を投稿したのは18歳の時です。高校を卒業して、専門学校に進学するあたりのタイミングでした。

−どういったきっかけで、投稿しようと思われたんですか?

まじ娘さん:私より先に歌を投稿している友人がいたんです。彼女から話を聞いて「なんか面白そう!」って思って……。本当に、その頃はただただ興味本意でしたね。

−どのくらいの頻度で歌ってみた動画をアップしていたんですか?

まじ娘さん:初めの頃は、1ヶ月に1回はあげていたと思います。そこからだんだんと、「歌いたいと思う曲に出会ったらアップする」というような、更新頻度ではなく、内容を重視したスタンスになっていきました。

−動画をアップしていく中で、何かまじ娘さんの中で変化はありましたか?

まじ娘さん:当初は高い声を必要とする曲を選んだり、自由に好みのコーラスを付け足していましたが、徐々にそういうところではなく自分のツボにくる曲を選ぶようになっていきました。

 

音楽活動と並行して取り組んだバイト

−学業と音楽活動、そうした多忙な日々の中では、バイトをする時間もなかなかなかったかと思いますが……。

まじ娘さん:いえいえ。高校生の時は、コンビニの店員や梱包作業スタッフ、あとは仮歌(かりうた)を入れるバイトなどなど、色々やっていましたよ。

−コンビニ店員! 今のまじ娘さんのイメージとは結びつきませんね……。

まじ娘さん:はい。それは、よく言われます(笑)。

 

夢のために始めた「仮歌」のバイト

−先程お話に出た「仮歌」とは、どういったバイトだったのでしょう?

まじ娘:仮歌というのは、歌手の人が「どんな感じの曲なのか」を掴むため、レコーディング前に聞く仮音源の“ボーカル部分を歌う仕事”のことです。

−そんなアルバイトがあるんですか! それは今の活動に活かせれている部分がたくさんありそうですね。

まじ娘さん:そうですね。仮歌のバイトは、自由にコーラスやハモりをつけていいケースが多いんです。また、色々な指示が飛んできたりするので、歌い方のスキルなんかが、そこでかなり養われた気がします。

−現場は大変そうですね……。具体的にどんな指示が飛んでくるんですか?

まじ娘さん:「○○年代のポップスっぽく〜」とか、「まじ娘ちゃんなりにアレンジしてみて〜」とか……。そういった指示に対応してきた経験が、今の私のスタイルに繋がっているんだと思います。

−仮歌のバイトはどのくらいの期間行っていましたか?

まじ娘さん:1年くらいやっていました。曲数でいうと、40曲くらいにはなると思います。

 

バイトの給料で初めて買った「マイク」

−初めてのバイト代で何を買ったか覚えていますか?

まじ娘さん:マイクを買いました。プロになった今でも、それをずっと愛用しています。

−今でもですか! 素人考えかもしれませんが、もっと性能のいいものや、新しいものが欲しくなったりはしないんでしょうか?

まじ娘さん:ずっと「新調したいなぁ」と思ってはいるのですが、特に不便はないですし、それなりに思い入れもあって。

−どのような思い入れがあるのでしょう?

まじ娘さん:以前は、母から譲り受けたお古のダイナミックマイクに、タイツを巻いて、手持ちで録音していたんです。
でも、自分のお金で買った今のマイクは、しっかりとしたポップガードも買って、マイクスタンドも設置して……。そんな風に、「やっとちゃんとした設備にできた」ということが、なんだか思い出深くって。
そろそろ買い換えようと思うんですけど、寝て起きると忘れちゃうんですよね(笑)。

 

苦しんでいた「あの頃」があるからこその「今」


−将来に不安や悩みを抱えている高校生がたくさんいると思います。そんな彼らへ向けて、まじ娘さんから何かアドバイスをお願いします。

まじ娘さん:実は、当時はひょんなことがきっかけで、家にひきこもりがちになっていたんです。そんな中、音楽だけはいつも自分の味方でした。
窓のシャッターを閉めて、そんな朝か夜かもわからない自分の部屋で、一日中ずっと歌っていました。歌を歌っているときだけは、暗い気持ちを忘れることができたんです。

それは「私は努力した!」と胸を張って言えるような経験ではないけれど、今となっては「あの時間があったからこそ、私には歌があったからこそ、今があるのかな」と思うんです。

だから、“無駄なことすらも無駄じゃないんだ”と思うんです。今はまだ、皆さんに偉そうなこと言える立場じゃないかもしれませんが、まず動いてみることが大事だと思います。
……なんて、綺麗にまとめてみました!(笑)

 

まとめ

照れ隠しのように、話の最後に冗談を言うまじ娘さんが印象的でした。彼女は、過去の苦しみを歌によって精算し、その歌声で今度はたくさんの人にパワーを与えています。そんな彼女の発した「無駄なことなんて一つもない」という言葉は、説得力にあふれていました。

(取材・執筆/Concent

 

今回お話をきいた人

まじ娘

まじ娘
天性の歌声で聴く者を魅了するネットシーン発の実力派女性ボーカリスト。近年ではボーカリストながら精力的に作詞作曲をするなどマルチな才能を発揮している。
2010年6月、動画共有サイトに自身の歌を初投稿し、2015年4月、メジャー1stアルバムとなる「Contrast」をリリース。2016年1月には2ndアルバム「Magic」を発売。

【関連リンク】

Official Site
Twitter
YouTube
Instagram