「俳優・高杉真宙」になるその前

DSC_3832_02

 

—現在は、俳優さんとしてテレビや映画、舞台、CMなど幅広く活躍されている高杉さんですが、当時はどんな高校生だったんですか? あまり想像がつかないといいますか……。

高杉真宙さん(以下、高杉さん):ごくごく普通の高校生でした! クラスの中心に立ってワイワイ騒ぐようなタイプではなかったし、かといってすごく勉強をする真面目な学生というわけでもなかったですし(笑)。

—それは少し意外ですね。俳優さんというとすごく華やかなイメージがあるので、学生の頃から校内で目立つ存在だったのだろうと。

高杉さん:全然そんなことなかったですね。
……というか、俳優という仕事自体みなさんが思っているほど華やかじゃないと思います。台詞を覚えたり役作りをしたり……むしろ地道な作業の連続で、表に出ない部分は意外と地味だったりします。

—中学生の頃にスカウトされて芸能界入りされたそうですが、以前は「芸能界」というものに対してどんなイメージだったんでしょうか?

高杉さん:何のイメージもありませんでした。僕は福岡出身なんですが、地元にいた頃は、芸能活動をしている人なんて身近にいなかったですし、「俳優という職業がある」っていう認識すらなかったというか。ドラマや映画はもちろん観たことがあったんですが、それを職業として捉えてませんでしたね。

—えぇ! では今のように映画に出演することになるなんて、当時は全く予想していなかった進路だったんですね。

高杉さん:不思議ですよね。そんな職業があるってことすら知らないレベルでしたから(笑)。だからきっとフロムケイト読者の皆さんも、今はその存在も知らないような職業に、将来就いているかもしれないですよね。

 

地元から親元を離れて上京したときの心情

DSC_3869

−中学生の頃に地元である福岡から単身上京されたということですが、その年齢で知らない土地に移ることに不安はありましたか?

高杉さん:もちろん地元の友だちや家族と離れる寂しさはありましたが、そこまで不安はなかったです。僕の場合は一人暮らしというわけではなく事務所の寮みたいなところに入ったので、先輩や事務所の人たちが近くにいたんですよね。だから「誰も知り合いがいない土地に一人」という感覚ではなかったので、それが大きいと思います。

—そういった頼れる人がいる環境は心強いですね。

高杉さん:そうですね。だから逆を言えば、そこさえクリアできれば全く知らない土地でもやっていけるということだと思うんです。
大学進学を機に地元を離れる人も多いと思いますけど、新しい学校でも自然と知り合いは増えていくし、気付いたら何とかなってると思うんです。だからそこまで不安に思う必要はないんじゃないかな。

 

「両立しよう」と思わないことで上手くいった

DSC_3873_02

—早くから芸能活動をスタートさせたことで、「学業との両立」という苦労があったかと思うんですが、いかがでしたか?

高杉さん:仕事をしながら単位を取るのは、正直大変な時期もありました。いつでも仕事から学校に行けるように、現場にも常に制服で行ったりしてましたね。

—俳優業と学業、どちらか一方でも十分大変だと思うのですが、両立するためにどのような工夫されてたんですか?

高杉さん:あまり「両立」っていう風に考えてなかったかもしれないです。授業に出席することも、ドラマの台詞を覚えることも、どちらも僕のやらなければならない“仕事”として考えていました。

—なるほど。「両立させるためにどうしたらいいか」を必死に考えるというよりは、やらなければいけないこととして捉えていらしたんですね。

高杉さん:そうですね。学校も現場もすべてが繋がっているような感覚でした。変に分けて考えようとしなかったことが、結果的に両立できたポイントだったのかなと、今振り返ると思います。

 

怒られるのが嫌なのはきっとみんな同じはず

DSC_3956

—現代の若者の傾向として、「怒られることを極端に怖がる」なんてことを言われているらしいのですが……

高杉さん:あぁ〜わかる気がします。僕も怒られるのすっごく嫌です。まぁみんなそうだとは思いますが(笑)。

—たしかにそうですね(笑)。高杉さんは、怒られたり注意されたときどのように対処されるタイプですか?

高杉さん:指摘されたときは気付けなくても、少し時間が経ってみると全部自分のことを思って言ってくれてるってわかるんですよね。

—大人ですね〜。

高杉さん:いやいや(笑)。もちろんその時は落ち込んだり、悔しいって思ったりしますよ! でも、厳しいことを言う側だってきっと嫌だろうし、それでも指摘してくれてる言葉は受け止めるべきだなと思いますね。
その瞬間は感情的になっちゃうかもしれないけど、少し時間を置いて考えてみれば素直に受け止められるんじゃないかな、と思います。

 

どこからが「俳優」なのかは今もまだわからない

DSC_3978

—芸能界以外にも、デザイナーや小説家など明確な資格や試験のない職業を目指している高校生も多くいます。そういった職業ならではの厳しさややり甲斐などはありますか?

高杉さん:ある意味正解がない職業だから、どこからがプロなのかって線引きが難しいじゃないですか。だから、ゴールがないというか。
デザイナーや小説家も同じだと思いますが、「俳優です」と名乗ったらもうなれてるのかもしれないし、セリフを覚えられたらなのか世間に認められたらなのか……。だから「どこまでいったら、俳優という名前にふさわしい人間になったことになるのかな?」って思ったりします。

—え、こんなたくさんの映画やドラマに出演されている高杉さんでも、そう思うんですか?

高杉さん:思いますね。こういう職業ってゴールがないじゃないですか。試験があるわけじゃないので色々なことが明確じゃないというか。そういった部分での厳しさも正直言ってあるので、全員にオススメはできませんが、だからこそ楽しさややり甲斐が大きいのも事実です。その厳しさに負けないくらいの強い気持ちがある人は、目指すべきだと思います。

 

高校生へのメッセージ

DSC_4118

−一般の学生よりも少し早く「仕事」を始めた高杉さんですが、高校を卒業して間もない今だからこそ言える、現役高校生へのメッセージを一言、書いていただけますか?

 

DSC_4112

「う〜ん……なんだろうなぁ」

 

高杉さん:できました!

DSC_4129

もっと学校を楽しんでいこう!!

 

高杉さん:学生の時ってどれだけ学生であるっていうこと自体が楽しいことかってわからないんですよね。
僕は高校を卒業してそろそろ1年が経ちますが、街で高校生を見かけると「あれ? こんなに制服ってキラキラしてたっけ」って思ったりするんですよ(笑)。何か特別なことがなくても、学校っていう「通う場所」があること自体が、とても素晴らしいことだと思うので、高校生の人たちは悔いのないように、もっともっと全力で学校を楽しんでほしいなと思います。

 

編集部コメント

取材を始める前に、カメラのアングルを気にかけて「こっち向きの方がいいですか?」と言って、自らテーブルを移動させてくれた高杉さん。
「俳優の仕事は、実は地道な作業の繰り返しなんです」その言葉の説得力を、そうした気遣いや、彼の持つ落ち着いた雰囲気から感じました。
“働く”ということは、いかなる職業であっても人を成長させるんだな、と改めて気付かされるインタビューとなりました。

 

(取材・撮影/Concent

 

プロフィール

高杉真宙(たかすぎ まひろ)
1996年7月4日生まれ。福岡出身。
2009年に舞台「エブリ リトル シング’09」にて俳優としてデビュー。映画「ぼんとリンちゃん」で第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。「明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜」で連続ドラマ初主演。その他、P&G「ファブリーズ」のTVCMに出演するなど、テレビ・舞台・映画だけにとどまらず幅広く活躍中。5月13日より主演舞台「闇狩人」がスタート予定。