アルバイトは「趣味に没頭するため」

image2

—高校生や大学生など、若い世代からの人気が特に高いフクザワさんですが、ご自身が学生の頃は何をしていましたか?

フクザワさん:高校に入学したあと一瞬吹奏楽部に入ったんですけど、すぐにやめてその後はずっとアルバイトをしていました。

—なぜ吹奏楽部をやめたんですか?

フクザワさん:昔から音楽が好きだったので、「高校生になったらバンドを組もう」と思っていたんですけど、入った高校に軽音部がなかったんです……。でもどうしても音楽がやりたかったので吹奏楽部でドラムを担当しようと思ったんですけど、トライアングルしかやらせてもらえなかったのでやめちゃいました(笑)。その後は色々なアルバイトをしていましたね。

—そもそも軽音部がなかったんですね(笑)。アルバイトは何をしていたんですか?

フクザワさん:居酒屋のキッチンでお酒を作ったり、年賀状の仕分けをしたり……あとはひたすら柏餅をパックに詰める仕事ですね。短期バイトとかをいれたら他にもいっぱいあったと思います。

—イラストとは関係ない職種だったんですね。どういった基準でアルバイトを選んでいたんですか?

フクザワさん: 時給です(笑)。中学生の頃から音楽が大好きだったので、CDを買ったりライブに行ったりしたかったんです。でも、中学生ってアルバイトができないじゃないですか。だから高校生になってからは好きなCDやライブのチケットを買うためにたくさん働きました。

 

イラストレーターになるきかっけは“音楽”だった

003

—昔から好きだったのは“音楽”だったようですが、イラストを描きはじめたきっかけは何だったのでしょうか?

フクザワさん:中学3年生のときに「BUNP OF CHICKEN」にはまってバンドに興味を持ったんです。友だちがいなかったのでそのときもバンドが組めなかったんですけど(笑)。
でもやっぱり音楽が好きだったから、「一人でも音楽に携われる方法」を一生懸命考えたんです。それで、得意だった絵をいかそうと思い立ち、「CDのジャケットを描く!」という目標を立てました。

—音楽がきっかけでイラストを本格的に描きだしたんですね。

フクザワさん:そうですね。本格的に絵を描きだしたきっかけは音楽でした。目標を立ててからは、イラストをネットにあげたり、音楽を聴いてイメージイラスト描いたりしていました。

—イラストをネットにのせはじめたのは、音楽業界へのきっかけ作りが狙いだったんですか?

フクザワさん:自分が描いた絵をたくさんの人に見てもらうことができれば有名になれると思い、ネットにイラストをのせはじめました。小さい頃から「有名になりたい」って気持ちがあったんです。なので、「音楽に携わるためにネットを使おう!」みたいな明確な狙いはなかったです。でも、思い返してみるとイラストをサイトにのせていたことが「音楽×イラスト」という今のスタンスに繋がったんだと思います。

 

将来に悩んでいようとも“手を動かし続ける”ことが大事

211

—中学校のときに絵を本格的に描きだしたとのことですが、どこかで学んだりしたんですか?

フクザワさん:いいえ、独学です。でも、本格的にイラストに力を入れはじめたこともあって「デザイン系の高校に進みたい」とは思いました。でも親に「どうせやりたいことは変わるからやめておきなさい」と言われて、普通科の高校に行きました。でも、結局こうやって“イラストレーター”になりましたね(笑)。

—先ほど、「CDのジャケットを描きたいと思った」とおっしゃっていましたが、はじめてそれができたのはいつですか?

フクザワさん:大学4年生のときです。

—7年越しに叶ったんですね。どういった経緯だったんですか?

フクザワさん:Twitterやwebサイトの絵を見たピアノ演奏家の女性から、「絵を使わせてください」という連絡を頂いたことがあったんです。既存の作品を使ってもらったので、そのために描いたわけではなかったですけど。ただその後も、バンドマンの方から「ジャケットを描いてくれ!」という依頼がきたりしました。なので、今では結構叶っていますね。

—イラストを公開し続けていたことがお仕事に繋がったんですね

仕事を取るためにのせていたわけじゃないんですど、結果として「継続していた」ということが依頼に繋がったのでとても嬉しかったです。仕事にしてから始まるのではなく、「続けているから仕事になる」ということもあるんだなと。

—「好きなことを基準にして進路を選ぶのが不安」という学生が多いかと思います。そんな人たちに向けてアドバイスを頂けますか?

フクザワさん:本当に心の底からやりたいことがあるなら、ただひたすらそれに没頭するべきだと思います。専門、進学、フリー……どんな進路を選んだとしても、自分自身にやる気がなかったらうまくはいきませんからね。つまり、「環境よりもやる気が左右する要因のほうが大きい」ということです。今の時代はネットもありますし、発信さえすればいろんな人に見てもらえます。なので、「何を選ぶか」ではなく、「選んだあとどうするか」が大事だと思います。
自分の中に「やりたいこと」や「好きなこと」がある人は、さまざまな手段を使いながら、自分のやりたいことを継続してみてください! 応援しています!

—ありがとうございました!

 

今回話をきいた人

210

■フクザワ

【プロフィール】
”音楽系イラストレーター”

その肩書を世に生み出した唯一無二の人物、フクザワ。

クレヨンで描かれる作品は、奇抜な色合いでありながらも、人の心にある光と闇がストレートに感じられ、観る人を魅了する。

数々の人気アーティストのグッズやCDジャケットを手掛け、徐々にその名を広めており、

自身もステージに立ち、アーティストの横で与えられた時間内に一枚の絵を仕上げるパフォーマンスが話題を読んでいる。

 

 

(取材・執筆・撮影/Concent